サンプルで学ぶ Go 言語:Variables

Go の変数は明示的に宣言され、コンパイラによってチェックされる(例えば、関数呼び出しの型安全性など)。

package main
import "fmt"
func main() {

var を使って、1つまたはそれ以上の変数を宣言できる。

    var a = "initial"
    fmt.Println(a)

複数の変数を一度に宣言することもできる。

    var b, c int = 1, 2
    fmt.Println(b, c)

変数を初期化すれば Go は変数の型を推測する。

    var d = true
    fmt.Println(d)

明示的に初期化していない変数の値はゼロ値である。 例えば、int のゼロ値は 0 である。

    var e int
    fmt.Println(e)

:= は宣言と初期化を行うための省略記法である。 ここの例は var f string = "short" と書くのと同じ意味である。

    f := "short"
    fmt.Println(f)
}
$ go run variables.go
initial
1 2
true
0
short

次の例:Constants