サンプルで学ぶ Go 言語:Time Formatting / Parsing

Go ではパターンに基づくレイアウトを利用して時刻をフォーマットできる。

package main
import "fmt"
import "time"
func main() {
    p := fmt.Println

まずは RFC3339 に対応するレイアウトを使って時刻をフォーマットする方法を紹介する。

    t := time.Now()
    p(t.Format(time.RFC3339))

時刻をパースするときも Format と同じレイアウトを使う。

    t1, e := time.Parse(
        time.RFC3339,
        "2012-11-01T22:08:41+00:00")
    p(t1)

FormatParse では例示に基づいてレイアウトを決める。 ふつうは time モジュールに定義されている定数をレイアウトの例として使うが、独自のレイアウトを使ってもよい。 レイアウトでは特定の時刻 Mon Jan 2 15:04:05 MST 2006 を表している必要があり、プログラムはこれに従って時刻をフォーマットしたり、文字列をパースしたりする。 時刻の例はちょうど以下のようなものだ。例えば、以下の例では、年は2006に、時間は15に、曜日は月曜になっている。

    p(t.Format("3:04PM"))
    p(t.Format("Mon Jan _2 15:04:05 2006"))
    p(t.Format("2006-01-02T15:04:05.999999-07:00"))
    form := "3 04 PM"
    t2, e := time.Parse(form, "8 41 PM")
    p(t2)

フォーマットしたいのが数値なら、時刻値の部分を抜き出し、文字列のフォーマット機能を使ってもよい。

    fmt.Printf("%d-%02d-%02dT%02d:%02d:%02d-00:00\n",
        t.Year(), t.Month(), t.Day(),
        t.Hour(), t.Minute(), t.Second())

Parse は入力が不正だと、パース時に起きた問題を説明するエラーを返す。

    ansic := "Mon Jan _2 15:04:05 2006"
    _, e = time.Parse(ansic, "8:41PM")
    p(e)
}
$ go run time-formatting-parsing.go 
2014-04-15T18:00:15-07:00
2012-11-01 22:08:41 +0000 +0000
6:00PM
Tue Apr 15 18:00:15 2014
2014-04-15T18:00:15.161182-07:00
0000-01-01 20:41:00 +0000 UTC
2014-04-15T18:00:15-00:00
parsing time "8:41PM" as "Mon Jan _2 15:04:05 2006": ...

次の例:Random Numbers