サンプルで学ぶ Go 言語:Random Numbers

Go の math/rand パッケージは疑似乱数生成器である。

package main
import "time"
import "fmt"
import "math/rand"
func main() {

例えば、rand.Intnint 型の値 n であって、0 <= n < 100 を満たすものをランダムに選んで返す。

    fmt.Print(rand.Intn(100), ",")
    fmt.Print(rand.Intn(100))
    fmt.Println()

rand.Float64float64 型の値 f であって、0.0 <= f < 1.0 を満たすものをランダムに選んで返す。

    fmt.Println(rand.Float64())

これを使って別の範囲の float 型の値を作ることもできる。 例えば5.0 <= f' < 10.0 だと以下のようになる。

    fmt.Print((rand.Float64()*5)+5, ",")
    fmt.Print((rand.Float64() * 5) + 5)
    fmt.Println()

デフォルトの生成機は決定的なので、プログラムを実行するたびに同じ数の列を生成する。 値を変えるためには、プログラムを実行するたびに変わるシードを渡せばよい。 なお、math/rand の生成する乱数は、暗号用に使うべきではない。 このような用途では、crypto/rand を使うべきだ。

    s1 := rand.NewSource(time.Now().UnixNano())
    r1 := rand.New(s1)

r1rand パッケージの関数と同様のメソッドを持っている。

    fmt.Print(r1.Intn(100), ",")
    fmt.Print(r1.Intn(100))
    fmt.Println()

同じ数をシードにすると、同じ乱数列を生成する。

    s2 := rand.NewSource(42)
    r2 := rand.New(s2)
    fmt.Print(r2.Intn(100), ",")
    fmt.Print(r2.Intn(100))
    fmt.Println()
    s3 := rand.NewSource(42)
    r3 := rand.New(s3)
    fmt.Print(r3.Intn(100), ",")
    fmt.Print(r3.Intn(100))
}
$ go run random-numbers.go
81,87
0.6645600532184904
7.123187485356329,8.434115364335547
0,28
5,87
5,87

Go で使える他のランダムな値の使い方を知りたければ、パッケージ math/rand のドキュメントを見てほしい。

次の例:Number Parsing