サンプルで学ぶ Go 言語:Exec'ing Processes

前の例で外部プロセスを作る方法を紹介した。 実行中の Go プロセスから外部プロセスにアクセスするときはこの機能を使う。 しかし、Go のプロセスを別の(Go ではないかもしれない)プロセスに置き換えたい場面もある。 このようなときは昔からある exec の機能を、Go で実装したものを使う。

package main
import "syscall"
import "os"
import "os/exec"
func main() {

この例では ls を exec する。 実行したいバイナリの絶対パスを Go は必要とするので、 exec.LookPath を使う(おそらく /bin/ls だろう)。

    binary, lookErr := exec.LookPath("ls")
    if lookErr != nil {
        panic(lookErr)
    }

Exec の引数はスライスで表現する(ひとつの大きな文字列ではない)。 ここでは ls によく使う引数を渡してみる。 なお、最初の引数はプログラム名であることに注意する。

    args := []string{"ls", "-a", "-l", "-h"}

Exec には環境変数も渡す必要がある。 ここでは、現在の環境変数をそのまま渡す。

    env := os.Environ()

syscall.Exec を呼ぶ。 呼び出しが成功すると、このプロセスはここで終わり、/bin/ls -a -l -h を実行するプロセスに置き換わる。 もしエラーがあれば、それを表す値が返ってくる。

    execErr := syscall.Exec(binary, args, env)
    if execErr != nil {
        panic(execErr)
    }
}

プログラムを実行すると、そのプログラムは ls に置き換わる。

$ go run execing-processes.go
total 16
drwxr-xr-x  4 mark 136B Oct 3 16:29 .
drwxr-xr-x 91 mark 3.0K Oct 3 12:50 ..
-rw-r--r--  1 mark 1.3K Oct 3 16:28 execing-processes.go

Go は Unix の古典的な fork 関数を提供していないことに注意する。 しかし、普通はそれで問題はない。 なぜなら、ゴルーチンを起動したり、プロセスを spawn、exec したりできれば、 fork のユースケースの大部分をカバーできるからである。

次の例:Signals