サンプルで学ぶ Go 言語:Spawning Processes

Go のプログラムから Go ではない外部プロセスを spawn したくなることがある。 例えば、このサイトのシンタックスハイライトは Go で書いたプログラムから pygments を実行するプロセスを spawn している。 Go からプロセスを spawn する例を他にも見てみよう。

package main
import "fmt"
import "io/ioutil"
import "os/exec"
func main() {

まずは引数も入力も取らず、標準出力に何かを書くだけの単純なコマンドから始めよう。 ヘルパーコマンド exec.Command は外部プロセスを表すオブジェクトを作る。

    dateCmd := exec.Command("date")

他に .Output というヘルパーもあり、これはコマンドを実行し、その終了を待ちながら、出力を集める。 エラーが起きなければ、dateOut は日時情報を表すバイト列を保持する。

    dateOut, err := dateCmd.Output()
    if err != nil {
        panic(err)
    }
    fmt.Println("> date")
    fmt.Println(string(dateOut))

続いて、パイプを使って外部プロセスの標準入力にデータを渡し、標準出力から結果を収集する方法を見てみる。

    grepCmd := exec.Command("grep", "hello")

ここでは明示的に入力・出力パイプを得て、プロセスを開始し、入力を書き込み、結果を読み出し、プロセスが終了するのを待っている。

    grepIn, _ := grepCmd.StdinPipe()
    grepOut, _ := grepCmd.StdoutPipe()
    grepCmd.Start()
    grepIn.Write([]byte("hello grep\ngoodbye grep"))
    grepIn.Close()
    grepBytes, _ := ioutil.ReadAll(grepOut)
    grepCmd.Wait()

上の例ではエラーチェックを省いたが、いつものように if err != nil のパターンでエラーチェックをしてもよい。 また、StdoutPipe だけを見ていたが、StderrPipe も全く同じやり方で読み出せる。

    fmt.Println("> grep hello")
    fmt.Println(string(grepBytes))

コマンドを spawn するときは、コマンドラインに打ち込む文字列を丸ごと渡すのではなく、コマンドとその引数の配列を明示的に並べなければならない。 もしコマンド全体を単に文字列で書きたいなら、bash-c オプションを使えばよい。

    lsCmd := exec.Command("bash", "-c", "ls -a -l -h")
    lsOut, err := lsCmd.Output()
    if err != nil {
        panic(err)
    }
    fmt.Println("> ls -a -l -h")
    fmt.Println(string(lsOut))
}

span したプログラムは、コマンドラインから直接実行するときと同様の出力を返す。

$ go run spawning-processes.go 
> date
Wed Oct 10 09:53:11 PDT 2012
> grep hello
hello grep
> ls -a -l -h
drwxr-xr-x  4 mark 136B Oct 3 16:29 .
drwxr-xr-x 91 mark 3.0K Oct 3 12:50 ..
-rw-r--r--  1 mark 1.3K Oct 3 16:28 spawning-processes.go

次の例:Exec'ing Processes