サンプルで学ぶ Go 言語:Epoch

Go で Unix エポック(epoch) からの経過時間を秒、ミリ秒、ナノ秒単位を取得する方法を紹介する。

package main
import "fmt"
import "time"
func main() {

time.Now と、UnixUnixNano を使って、Unix エポックからの経過時間を秒、ナノ秒単位で取得する。

    now := time.Now()
    secs := now.Unix()
    nanos := now.UnixNano()
    fmt.Println(now)

UnixMillis はない。 そのため、エポックからの経過時間をミリ秒単位で知りたいときはナノ秒の結果を割る必要がある。

    millis := nanos / 1000000
    fmt.Println(secs)
    fmt.Println(millis)
    fmt.Println(nanos)

逆に、エポックからの秒、ナノ秒での経過時間をtime に変換することもできる。

    fmt.Println(time.Unix(secs, 0))
    fmt.Println(time.Unix(0, nanos))
}
$ go run epoch.go 
2012-10-31 16:13:58.292387 +0000 UTC
1351700038
1351700038292
1351700038292387000
2012-10-31 16:13:58 +0000 UTC
2012-10-31 16:13:58.292387 +0000 UTC

続いて、時刻に関する別のトピックとして時刻のパース・フォーマットの方法を紹介する。

次の例:Time Formatting / Parsing