サンプルで学ぶ Go 言語:Writing Files

Go でファイルに書き込むには、前に見たファイルを読み出すのと似たパターンを使う。

package main
import (
    "bufio"
    "fmt"
    "io/ioutil"
    "os"
)
func check(e error) {
    if e != nil {
        panic(e)
    }
}
func main() {

まずは文字列(またはバイト列)を単にファイルに書き込む。

    d1 := []byte("hello\ngo\n")
    err := ioutil.WriteFile("/tmp/dat1", d1, 0644)
    check(err)

より細かな制御をするために、ファイルを書き込み用に開く。

    f, err := os.Create("/tmp/dat2")
    check(err)

ファイルを開いた直後に Closedefer するのはイディオムである。

    defer f.Close()

Write を使ってバイトのスライスを書き込める。

    d2 := []byte{115, 111, 109, 101, 10}
    n2, err := f.Write(d2)
    check(err)
    fmt.Printf("wrote %d bytes\n", n2)

WriteString という関数もあり、こちらは文字列を書き込める。

    n3, err := f.WriteString("writes\n")
    fmt.Printf("wrote %d bytes\n", n3)

Sync を使って書き込みをストレージにフラッシュする。

    f.Sync()

bufio を使ってバッファ付きのリーダーを作る例を前に紹介した。 同様に、バッファ付きのライターも作れる。

    w := bufio.NewWriter(f)
    n4, err := w.WriteString("buffered\n")
    fmt.Printf("wrote %d bytes\n", n4)

Flush を使って、ライターのバッファされている操作をすべてフラッシュする。

    w.Flush()
}

ファイルに書き込みをするプログラムを実行してみる。

$ go run writing-files.go 
wrote 5 bytes
wrote 7 bytes
wrote 9 bytes

そして、書き込み対象のファイルの内容を確認する。

$ cat /tmp/dat1
hello
go
$ cat /tmp/dat2
some
writes
buffered

続いて、ここまで見てきたファイル IO のアイデアを、 ストリームである stdinstdout に適用する例を紹介する。

次の例:Line Filters