サンプルで学ぶ Go 言語:Time

Go には時刻や経過時間を扱うための機能が多くある。 ここではその例を示す。

package main
import "fmt"
import "time"
func main() {
    p := fmt.Println

まずは現在時刻を取得する。

    now := time.Now()
    p(now)

time 構造体を、年・月・日などを指定して作ることもできる。 時刻は常に位置(Location)、すなわちタイムゾーンと結びついている。

    then := time.Date(
        2009, 11, 17, 20, 34, 58, 651387237, time.UTC)
    p(then)

時刻の構成要素の取り出しかたは直感的だ。

    p(then.Year())
    p(then.Month())
    p(then.Day())
    p(then.Hour())
    p(then.Minute())
    p(then.Second())
    p(then.Nanosecond())
    p(then.Location())

曜日(Monday-Sunday)を表す Weekday もある。

    p(then.Weekday())

以下のメソッドは2つの時刻を比べて、1つ目が2つ目より前か、後か、それとも同時刻かをそれぞれテストする。

    p(then.Before(now))
    p(then.After(now))
    p(then.Equal(now))

メソッド Sub は2つの時刻の間隔を表す経過時間 Duration を返す。

    diff := now.Sub(then)
    p(diff)

経過時間の長さの単位を変換できる。

    p(diff.Hours())
    p(diff.Minutes())
    p(diff.Seconds())
    p(diff.Nanoseconds())

Add を使って指定した期間だけ時刻を進めることもできる。- を使えば、時刻を戻すこともできる。

    p(then.Add(diff))
    p(then.Add(-diff))
}
$ go run time.go
2012-10-31 15:50:13.793654 +0000 UTC
2009-11-17 20:34:58.651387237 +0000 UTC
2009
November
17
20
34
58
651387237
UTC
Tuesday
true
false
false
25891h15m15.142266763s
25891.25420618521
1.5534752523711128e+06
9.320851514226677e+07
93208515142266763
2012-10-31 15:50:13.793654 +0000 UTC
2006-12-05 01:19:43.509120474 +0000 UTC

次は時刻に関連するテーマである Unix エポックに関する例を紹介する。

次の例:Epoch