サンプルで学ぶ Go 言語:Tickers

タイマーを使えば、将来のあるタイミングで何かを実行できる。 一方、ticker を使えば、定期的に何かを繰り返し実行できる。 この例では、ticker を使って定期的にメッセージを送る方法を紹介する。

package main
import "time"
import "fmt"
func main() {

タイマーと同様に ticker も値を送るチャネルを使う。 ここでは組み込みの range をチャネルに使い、500ミリ秒ごとに届く値を繰り返し受け取っている。

    ticker := time.NewTicker(500 * time.Millisecond)
    go func() {
        for t := range ticker.C {
            fmt.Println("Tick at", t)
        }
    }()

ticker の止め方はタイマーと同様だ。 ticker を止めると、それ以降そのチャネルは値を受信しなくなる。 ここでは1600ミリ秒待って ticker を停止している。

    time.Sleep(1600 * time.Millisecond)
    ticker.Stop()
    fmt.Println("Ticker stopped")
}

プログラムを実行すると、ticker は3回起動して終了したことがわかる。

$ go run tickers.go
Tick at 2012-09-23 11:29:56.487625 -0700 PDT
Tick at 2012-09-23 11:29:56.988063 -0700 PDT
Tick at 2012-09-23 11:29:57.488076 -0700 PDT
Ticker stopped

次の例:Worker Pools