サンプルで学ぶ Go 言語:Switch

switch 文は多くの分岐からなる条件を表す。

package main
import "fmt"
import "time"
func main() {

switch の基本的な使い方

    i := 2
    fmt.Print("Write ", i, " as ")
    switch i {
    case 1:
        fmt.Println("one")
    case 2:
        fmt.Println("two")
    case 3:
        fmt.Println("three")
    }

コンマを使うと一つの case 文に複数の式を書ける。 この例では default のケースも使っている。

    switch time.Now().Weekday() {
    case time.Saturday, time.Sunday:
        fmt.Println("It's the weekend")
    default:
        fmt.Println("It's a weekday")
    }

switch の直後に式を書かなければ、それは単なる if/else の別の書き方である。 また、定数でないものを使って case 式を書ける。

    t := time.Now()
    switch {
    case t.Hour() < 12:
        fmt.Println("It's before noon")
    default:
        fmt.Println("It's after noon")
    }

switch は値だけでなく型について分岐することもできる。 これを使って、インターフェースの型を調べることができる。 この例では、変数 t は対応する節に書かれた型を持つ。

    whatAmI := func(i interface{}) {
        switch t := i.(type) {
        case bool:
            fmt.Println("I'm a bool")
        case int:
            fmt.Println("I'm an int")
        default:
            fmt.Printf("Don't know type %T\n", t)
        }
    }
    whatAmI(true)
    whatAmI(1)
    whatAmI("hey")
}
$ go run switch.go 
Write 2 as two
It's a weekday
It's after noon
I'm a bool
I'm an int
Don't know type string

次の例:Arrays