サンプルで学ぶ Go 言語:Select

Go の select を使うと、複数のチャネルで受信を待てる。 ゴルーチンとチャネル、そして select の組み合わせは Go の強力な機能である。

package main
import "time"
import "fmt"
func main() {

この例では2つのチャネルに select を使う。

    c1 := make(chan string)
    c2 := make(chan string)

いずれのチャネルも一定の時間が経てば値を受信する。 これはゴルーチンが RPC を同期的に実行する状況を模している。

    go func() {
        time.Sleep(1 * time.Second)
        c1 <- "one"
    }()
    go func() {
        time.Sleep(2 * time.Second)
        c2 <- "two"
    }()

select を使ってふたつの値をいずれも非同期で受信し、届いた方から表示する。

    for i := 0; i < 2; i++ {
        select {
        case msg1 := <-c1:
            fmt.Println("received", msg1)
        case msg2 := <-c2:
            fmt.Println("received", msg2)
        }
    }
}

"one""two" を順番に受信する。

$ time go run select.go 
received one
received two

実行時間の合計は2秒程度である。 これは1秒間のスリープと2秒間のスリープが平行に実行されるためである。

real	0m2.245s

次の例:Timeouts