サンプルで学ぶ Go 言語:Multiple Return Values

Go は多値の返り値を組み込みでサポートしている。 この機能は Go のイディオムで使われることが多く、例えば結果とエラーの療法を関数から返す場合に使う。

package main
import "fmt"

この関数のシグネチャにおける (int, int) は、この関数が2つの int 型の値を返すことを表している。

func vals() (int, int) {
    return 3, 7
}
func main() {

ここでは2つの返り値を多重代入を使って受け取っている。

    a, b := vals()
    fmt.Println(a)
    fmt.Println(b)

もし返り値のうちの一部だけが必要なら、ブランク識別子 _ を使えばよい。

    _, c := vals()
    fmt.Println(c)
}
$ go run multiple-return-values.go
3
7
7

Go の関数の素敵な機能として、引数を何個でも受け取れる関数の書き方を次に紹介する。

次の例:Variadic Functions