サンプルで学ぶ Go 言語:Maps

マップは Go に組み込みの連想データ型である。 これは他の言語ではハッシュ辞書と呼ばれることがあるものだ。

package main
import "fmt"
func main() {

空のマップを作るには、組み込みの make を使って、make(map[key-type]val-type) のように書く。

    m := make(map[string]int)

キーと値の組みを登録するには、name[key] = val のように書く。

    m["k1"] = 7
    m["k2"] = 13

マップを例えば fmt.Println などを使って表示すると、キーと値の組みをすべて表示する。

    fmt.Println("map:", m)

マップから値を読み出すには、name[key] のように書く。

    v1 := m["k1"]
    fmt.Println("v1: ", v1)

組み込みの len は、マップに含まれるキーと値の組みの個数を返す。

    fmt.Println("len:", len(m))

組み込みの delete はマップからキーと値の組みを削除する。

    delete(m, "k2")
    fmt.Println("map:", m)

オプションの2つ目の返り値は、マップにキーが含まれるかどうかを表す真偽値である。 これはキーが入っていない場合と、そのキーの値としてゼロ値(0"" など)が入っている場合とを区別するために使える。 ここでは、値はいらないので、ブランク識別子 _ を使って、無視している。

    _, prs := m["k2"]
    fmt.Println("prs:", prs)

以下のように書くと、マップの宣言と初期化を同じ行で済ませられる。

    n := map[string]int{"foo": 1, "bar": 2}
    fmt.Println("map:", n)
}

マップを fmt.Println に渡すと map[k:v k:v] のように表示される。

$ go run maps.go 
map: map[k1:7 k2:13]
v1:  7
len: 2
map: map[k1:7]
prs: false
map: map[foo:1 bar:2]

次の例:Range