サンプルで学ぶ Go 言語:Goroutines

ゴルーチンは軽量なスレッドである。

package main
import "fmt"
func f(from string) {
    for i := 0; i < 3; i++ {
        fmt.Println(from, ":", i)
    }
}
func main() {

f(s) という関数を呼ぶとしよう。 普通にこのように書けばよく、関数は同期的に実行される。

    f("direct")

go f(s) と書くと、この関数をゴルーチンの中で実行する。 こうすると、新たなゴルーチンが呼び出し側と平行に実行される。

    go f("goroutine")

無名関数のゴルーチンを起動することもできる。

    go func(msg string) {
        fmt.Println(msg)
    }("going")

2つの関数呼び出しは、別々のゴルーチンにおいて非同期的に実行されている。 そのため処理はここまで抜けてくる。 ここにある Scanln はキーを押すまでブロックするため、プログラムが終了するのを妨げてくれる。

    fmt.Scanln()
    fmt.Println("done")
}

このプログラムを実行すると、ブロックする呼び出しの出力がまず表示され、 その後2つのゴルーチンの出力が入り混じって表示される。 こうなるのは Go のランタイムがゴルーチンを平行に実行しているためである。

$ go run goroutines.go
direct : 0
direct : 1
direct : 2
goroutine : 0
going
goroutine : 1
goroutine : 2
<enter>
done

次は、Go における並行プログラミングをする際にゴルーチンとしばしば一緒に使われるチャネルを紹介する。

次の例:Channels