サンプルで学ぶ Go 言語:Command-Line Arguments

コマンドライン引数はプログラムに実行時パラメータを与えるためによく使われる。 例えば go run hello.go はプログラム go の引数として、runhello.go を与えている。

package main
import "os"
import "fmt"
func main() {

os.Args を使って生のコマンドライン引数にアクセスできる。 ただし、このスライスの一番目の値はプログラムのパスである。 そのため os.Args[1:] がプログラムの引数である。

    argsWithProg := os.Args
    argsWithoutProg := os.Args[1:]

インデックスを指定して個々の引数を取得できる。

    arg := os.Args[3]
    fmt.Println(argsWithProg)
    fmt.Println(argsWithoutProg)
    fmt.Println(arg)
}

コマンドライン引数の実験をするには、go build を実行してバイナリを先に作っておくのがいい。

$ go build command-line-arguments.go
$ ./command-line-arguments a b c d
[./command-line-arguments a b c d]       
[a b c d]
c

続いては、フラグを使ってより高度なコマンドライン処理の仕方を見ていく。

次の例:Command-Line Flags