サンプルで学ぶ Go 言語:Channel Buffering

デフォルトではチャネルにバッファは付いていない。 すなわち、チャネルが送信(chan <-)を受け入れるのは、受信(<- chan)の準備が既にできているときだけだ。 バッファ付きチャネルは受信者がまだいなくても、一定の個数までなら送信を受け入れる。

package main
import "fmt"
func main() {

make を使って、2つまで値を溜められるバッファ付きチャネルを作る。

    messages := make(chan string, 2)

このチャネルにはバッファが付いているので、まだ受信者がいないにもかかわらずこれらの値を送れる。

    messages <- "buffered"
    messages <- "channel"

これらの値は後から読み出せる

    fmt.Println(<-messages)
    fmt.Println(<-messages)
}
$ go run channel-buffering.go 
buffered
channel

次の例:Channel Synchronization